世界中のデザイナー・アーティストのオンラインショップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いってみたい美容室は高すぎる~?

Q,美容室の料金ってピンきりですよね。
同じことをするのに何であんなに料金が違うんですか?


hasami5


A,
けっして、おんなじことをしてはいませんっ(笑)。
美容室のお値段は
○スタッフのお給料
○使用薬剤
○テナント料(場所代)
ナドナド・・総合的なバランスの上に設定されています。

スタッフのお給料等は
しっかり技術を学んだスタッフさんを雇用しているのか、リーズナブルなお給料で
お願いできるスタッフさんなのか などなど・・
しっかりしたカウンセリングで 時間をかけた施術をするサロン・・
早い時間で客数を消化する形態のサロン・・
サロンの経営方針にもよりますが、
それは技術のメニューや応用力などにも反映されています。

使用薬剤等は
これもピンきりです。
仕入れ価格の高いお薬は確かに よい物が多いのも事実です。
仕入れ薬剤価格の高低が メニューの高安に現れるのは仕方ありません。
1貫¥100のお鮨屋さんで、「養殖じゃないお魚で握って」といっても 無理?(笑)。
毎年新製品が開発され、応じて時代にあった価格設定で提供されます。
最新の薬剤を導入するためには、講習会に参加したり、薬剤の入れ替えを行ったりと
それなりの費用がかかってしまいます。
逆に毎年、同じお薬を変わらず提供していくなら コストを抑えることが出来ます。

テナント料等は
賃料の高い場所でやっているのか、リーズナブルなお家賃のテナントなのか・・
内装はしっかりしたサービス空間になっているのか・・などなど、
かかっている経費は当然のことながら反映されます。逆もまたアリです。
※しかしながら、ご存知のとおり テナントに関しては
「良い立地=高料金=高い技術力」とはならないので要注意ですね(笑)。

この3つはある程度、固定費的なもの(毎月必ず出て行くお金)なので、減らすことは出来ません。
この支出が多ければ そのお店のメニューは総じて高くなり、低く済めばお安く出来る
ということになります。その美容室を 維持していくために必要な金額ということです。
ま、なかには利益重視の"とんでもお値段のサロン”も見受けられますが(笑)、一般的には
そのお店を経営する(維持する)ためのに各サロンで独自に設定したものが
そのサロンごとの適正(あくまでそのお店独自の)価格となります。

高いお店には高いなりの
安いお店にはお安いなりの
理由があります。

選ぶのはあなた(お客様)です。
ご自分にあったお店を探して
納得できればそれが あなたにとっての適正価格となります。
技術、接客、サービス、居心地 その他諸々・・
ご自分でお支払いになった金額に満足できる、
居心地のいい美容室が早く見つかるといいですね。


※あまりにも大雑把な回答なので
他、同業同種の方々からのクレームが多そうです(笑)。ごめんなさい。

関連記事

テーマ : 美容関連 - ジャンル : ファッション・ブランド

お時間ですよ
レンタルサーバーならロリポップ!
プロフィール

しんや.A

Author:しんや.A
Lips(リップス)の
秋田美人ブログへ
ようこそ!

Lips関係ブログ
ブログ発信サロン  Lips  -  リップスブログ発信サロン  Lips - リップス

リップスのサロンブログリップスのサロンブログ

リップスの愛犬ブログリップスの愛犬ブログ

X-day
カテゴリー
全記事表示

全ての記事を表示する

全部の記事を見たい方は、記事欄の一番上の HOME をクリック!
あなた専用のプロフィール作成
FC2プロフ
雑誌に掲載アイテムを購入!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。