FC2ブログ
世界中のデザイナー・アーティストのオンラインショップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーとパーマを一度にしたいんです。

Q,  美容室にいける時間が限られているため できればカラーとパーマを同時にしたいのですが、大丈夫でしょうか?以前一緒にしてもらったことがあるのですがかなり傷んでしまいました。髪を傷めず両方一緒にすることは可能ですか?

perm1_convert_20100904182529.jpg


A,  
カラーとパーマを同時にすると髪や頭皮のダメージが大きいため、当店ではあまりお勧めしていません。どうしても同時施術を希望される場合は、化粧品タイプ(酸性タイプ)の髪をあまり傷めずにヘアカラーとパーマを同時に行うことができる薬剤などもあります。 美容室によっても 積極的に「同時にできますよ」 というサロンと 「別々にしましょう」 というサロンとに分かれるみたいですね。

薬剤メーカーさんの自主基準等で医薬部外品(パーマ剤)&医薬部外品(カラー剤)はNGだったのですが化粧品(パーマ剤)&医薬部外品(カラー剤)がOKということになり、最近は以前ほどダメージを感じにくくはなりました。
薬剤メーカーさんなどは「化粧品タイプなので同時施術も大丈夫ですよ」・・などと気軽におっしゃいますが(笑)、実際に使用している現場サイドからお答えさせていただきますと・・やはり以前同様できれば1週間程度間隔をあけるのがおすすめです・・というのが結論です。

しかしながら 現実には当店にも「なかなか美容室に来る時間がないの~。一緒にやってねー」というお客様がいらっしゃるのも事実です。その場合は化粧品タイプのパーマ剤で対応させていただいています。ヘアカラーとパーマの順序についてですが、ヘアカラーの色味がパーマ液で抜けてしまって思い通りのカラーにならないことが多いため、パーマを先に施術するのが一般的です。ただし、使う薬剤や髪の状態に合わせて、美容師さんの判断で逆の順番で行うケースもあります。カラーも伸びてきた根元だけを染める(リタッチ)ならよりダメージを軽減することができます。  ※パーマの後に行うのが カラーではなくマニキュア(酸性カラー)の場合は同時施術も全然OKです。むしろ 髪の表面をコーティングしてくれるので同時施術をお勧めしている美容室もあります。ただし、マニキュアは根元からしっかり染めることはできず、髪の毛を明るくすることもできませんので使用する方は限られてしまいます。よってここでは詳しい説明は割愛させていただきます。

確かに 美容室に何度も通うことはこの忙しい毎日、時間がもったいない!一度ですませたーい!! は、よく解ります。けれど そのおかげで髪のコンディションが悪くなり毎日のお手入れが煩わしくなったら・・せっかくおしゃれになるためやお手入れラクチンになるためにかけたパーマやカラーが残念な結果になってしまいます。本末転倒ですね。
美しくなるには 時間がかかる・・基本です(笑)。
美しくなるための時間・・惜しまないでください。
それでもどうしてもー・・という方は信頼できる美容師さんにご相談ください。信頼できてなきゃダメですよ(笑。

テーマ : 美容室 ヘアサロン - ジャンル : ファッション・ブランド

お時間ですよ
レンタルサーバーならロリポップ!
プロフィール

しんや.A

Author:しんや.A
Lips(リップス)の
秋田美人ブログへ
ようこそ!

Lips関係ブログ
ブログ発信サロン  Lips  -  リップスブログ発信サロン  Lips - リップス

リップスのサロンブログリップスのサロンブログ

リップスの愛犬ブログリップスの愛犬ブログ

X-day
カテゴリー
全記事表示

全ての記事を表示する

全部の記事を見たい方は、記事欄の一番上の HOME をクリック!
あなた専用のプロフィール作成
FC2プロフ
雑誌に掲載アイテムを購入!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。